自然の中でのゼミ合宿

自然の中でのゼミ合宿を

自然の中でのゼミ合宿を

私たちは研修や会議を毎日行って、仕事や研究の方針を常に変更している場合が多いですが、たいていはその話し合いの場所は毎回同じような場所であることが多いので飽きてしまい、張り合いがなくて良いアイデアが出ないことも多くあります。大学の研究などは特に研究室に缶詰めになって、研修も研究もおこなわなければいけないので、学生にはかなりの苦痛が待っています。

こうした悪条件は出来るだけ排除した方が良く、しっかりと状況・環境を変えてゼミ合宿などを行う事で多くの成果を上げることにつながります。
また、学生もメンタル面を整えてあげるとかなり良い成果を上げるもので、あまりにも厳しいしごきはせっかくの才能を潰してしまうので、教授は少し生徒のメンタル面まで考えて研究のサポートをしてあげると良いでしょう。

こうした機会には多くの可能性が含まれており、研究室のメンバー同士の交流も生まれ、准教授や支援員との交流も図れるのでより効率的に研究や仕事を行えるようになります。
これらの作業ではしっかりと効果を上げるために研修を進めていくのですが、より効果を発揮するには、気分を変えられるようなゼミ合宿がやはり最も効果的。いつもと違う環境、たとえばさわやかな自然に囲まれ、おいしい空気の中でゼミ合宿をすれば、良いアイデアが多く出てくることでしょう。

 

リゾートでのゼミ合宿ってあこがれる。値段も思っていたよりリーズナブルだし・・・。

軽井沢などのリゾートでゼミ合宿

http://www.zemiplan.com/resort/index.html

 

軽井沢は文豪も愛した地。文学部などは、研究調査旅行もかねて、研究対象ゆかりの地でゼミ合宿するのもいいですね。

軽井沢観光協会公式ホームページ

http://karuizawa-kankokyokai.jp/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月10日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ゼミ合宿

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ