ゼミ合宿先をネットで探すコツ

ネット検索

ネットで目当てのゼミ合宿先をさがすコツ

ゼミ合宿や研修で利用する宿泊所は、会議室やレクリエーション会場が用意されていると便利です。

インターネットで検索すると、いろいろな条件の宿泊所が探せて便利です。
勉強会や会議を伴う場合は、静かな環境が必要です。また、スポーツの合宿などでは、筋肉を休めるためにも温泉があると何日も続く運動でも疲労が溜まりにくくなります。また、近所に体育館や運動施設があるとなお便利です。

合宿の計画を立てる場合は、宿泊先を探したり、移動手段を手配したり、周りの施設を調べたりと大変な労力が必要ですし、金額の問題もいろいろでてきます。宿のサイトをひとつひとつ確認していくのが面倒な場合は、ゼミ合宿を取り扱う旅行会社に相談するのもいいでしょう。「ゼミ合宿 プラン」などのキーワードで検索すると、ゼミ合宿用のお得な特別プランを提供している旅行会社や宿を見つけることができます。最近の旅行会社や宿では、いろいろお得なプランを用意しているので、賢く活用しましょう。

会議室にホワイトボードの用意をしたり、インターネットの高速回線を整備している旅館もたくさんあります。学生の合宿に特化した低予算のホテルや、ビジネスマンの研修を得意としている温泉地など、ネットで検索することで、いろいろな情報を得ることができます。有線LANや無線LANなどの環境が整った宿を探すなら、「開発合宿」をキーワードに検索してみるといいかもしれません。ちなみに、開発合宿とはIT系企業やプログラマーが開発に集中するのための合宿です。

また、ネットには載っていないサービスも、問い合わせをすることで可能な場合もあります。合宿や研修だけでなく、最終日にアトラクションや観光を加えるだけで有意義な合宿になります。

 

開発合宿で人気の宿なら、インターネットを使う情報系のゼミ合宿にも適しているでしょう。

ネットを使うゼミ合宿に 山喜旅館

http://www.zemiplan.com/onsen/soh55.html

 

ゼミ合宿などで、旅行会社を利用するときは旅行業の登録番号をチェック!ネット上でも、会社案内ページなどに書いてあるはず。トラブル防止の第一歩です。

観光庁「旅行の申し込みの際は、利用される旅行会社が旅行業の登録を受けていることの確認を忘れずに!」

http://www.mlit.go.jp/kankocho/1102_mutouroku.html

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月10日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ゼミ合宿

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ