ゼミ合宿の効用

ゼミ発表

研究発表などはリフレッシュを兼ねてゼミ合宿で

大学の研究室では毎週ゼミと呼ばれる研究成果を発表するような会議を行います。こういった会議では長い時間、発表に係るのもあり、かなり疲労が貯まり、且つ緊張も強くなりがちです。中には、研究成果を発表する場が苦痛に感じてしまう学生も少なからずいます。

できるだけストレスフリーに研究発表ができるようにするには、教授と学生、学生同士の交流が日頃から必要になりますが、ゼミ合宿を行えば、より交流を深めることができて良いでしょう。

普段研究室にこもってストレスの多い環境の中で生活していると、なかなか気分転換ができないので、特別な発表や研修のような事を行う時には、思い切って合宿を行ってしまうのも良いでしょう。研究する者同士でしっかりと交流を行い、より気分の良い環境で働くことができれば多くの研究成果もあげることができるでしょう。

そして、より効果的な研究結果で卒業論文を書いたり、研究結果を導き出すためには、合宿の効果もかなり期待できるものです。

ゼミ合宿は休日だけではなく、平日に行う事も可能です。特に平日に行うのは効果が大きく、普段いる場所から離れて気分転換をしながら研修を行うのが良いでしょう。それに、平日ならば合宿する宿の宿泊料も比較的安く済みます。

会議や研修に行き詰っていると感じたら、ゼミ合宿を行ってみるのも効果があるのではないでしょうか。

 

箱根や熱海や伊豆など、ゆっくり疲れを癒せる温泉宿でのゼミ合宿が人気です。

箱根や伊豆など温泉付きのゼミ合宿手配

http://www.zemiplan.com/onsen/index.html

 

先生や先輩との話題に、温泉の知識とか正しい入り方とかを予習しておいてもいいね。

長野県温泉協会「湯治ノススメ」

http://w1.avis.ne.jp/~spa-nan/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月26日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ゼミ合宿

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ