ゼミ合宿幹事の最大の仕事

ゼミ合宿の幹事は大変

ゼミ合宿の幹事はなかなか大変・・・

ゼミ合宿の幹事になってしまったら、何をすればいいでしょう?

まずは、いつごろゼミ合宿に行くかを決めましょう。
ゼミ合宿の時期は、夏休み後半の9月から11月ごろが多いようです。卒論準備のころあいというのもあるでしょう。また、春先はまだゼミメンバーが打ち解けておらず、夏の暑い時期や冬の寒い時期では勉強に集中できないという理由もあるかもしれません。そう考えると、やはり秋がゼミ合宿シーズンです。
月が決まったら、何泊するか、土日にするか・平日にするかを決め、ゼミメンバーがなるべく多く参加できる日をアンケートで確認するとよいでしょう。平日の方が、比較的宿の料金が安く、他のお客さんも少ないのでのびのび合宿できます。秋の平日だけのお得なゼミプランなどを用意している宿もあります。
希望日は1つだけでなく、第2、第3希望までまとめて決めておくと、もしもの時に便利です。

時期が決まったら、次は場所です。
おおむね大学から近い場所が人気ですが、群馬や長野などのさわやかな高原へ行ったり、千葉や神奈川の海辺に行ったり、伊豆や箱根の温泉地に行ったりと、快適な環境やリフレッシュを重視して選ぶ場合もあります。
希望の場所があっても、そこにゼミ合宿に適した宿がなければしようがありません。
ゼミ合宿に適した宿のチェックポイントは次の通り。
収容人数は足りているか?
ゼミ合宿が出来る会議室や広間があるか?
机や椅子、ホワイトボードやマイク、プロジェクターなどの必要な備品があるか?
値段は予算内か?
先生用の個室が取れるか?個室を取った場合の料金アップはあるか?
電車で行く場合、駅から近いか?駅と宿の間の送迎をやってくれるか?

おめがねにかなう宿が見つかったら、希望日に空きがあるか確認します。
部屋だけでなく、会議室が希望通りの時間で利用できるかのチェックも忘れずに。宿泊費用と別に会議室の利用料金がかかる宿がありますから、その辺の確認もきちんとしましょう。

ここに書いたのは、ほんの基本のことだけです。実際には、先生やゼミメンバーから様々な要望が出され、確認事項もあれこれ増えます。さらに、希望の宿が空いてなかったら、またいちから宿を探さないといけません。
準備に時間をかけていられない場合は、ゼミ合宿を取り扱っている旅行会社に手配してもらうのも手です。希望を伝えれば、条件に合った空いている宿を見つけてくれます。
旅行会社に頼むにせよ、どのような合宿がしたいかを幹事さんがしっかり把握しておく事が必要です。メンバーの希望をまとめ、希望のゼミ合宿像をまとめることが、幹事さんの最大の仕事と言えるでしょう。

 

ゼミ合宿の手配をする旅行会社のサイトの利用案内ページ。日程・場所・人数・予算は必須情報。

ゼミ合宿プラン!利用案内

http://www.zemiplan.com/info.html

 

海と高原と温泉が揃っている伊豆・伊東方面はゼミ合宿にも人気です。

伊東観光協会 伊豆・伊東観光ガイド

http://www.itospa.com/index.html

タグ

2013年8月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ゼミ合宿

このページの先頭へ