イメージ画像

最新情報

2013年8月10日ゼミ合宿
ゼミ合宿先をネットで探すコツ
2013年8月10日ゼミ合宿
自然の中でのゼミ合宿
2013年8月9日ゼミ合宿
ゼミ合宿幹事の最大の仕事
2013年8月9日ゼミ合宿
「行きたくなるゼミ合宿」は準備が要!
2013年7月26日ゼミ合宿
ゼミ合宿の効用

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ゼミ合宿先をネットで探すコツ

ネット検索

ネットで目当てのゼミ合宿先をさがすコツ

ゼミ合宿や研修で利用する宿泊所は、会議室やレクリエーション会場が用意されていると便利です。

インターネットで検索すると、いろいろな条件の宿泊所が探せて便利です。
勉強会や会議を伴う場合は、静かな環境が必要です。また、スポーツの合宿などでは、筋肉を休めるためにも温泉があると何日も続く運動でも疲労が溜まりにくくなります。また、近所に体育館や運動施設があるとなお便利です。

合宿の計画を立てる場合は、宿泊先を探したり、移動手段を手配したり、周りの施設を調べたりと大変な労力が必要ですし、金額の問題もいろいろでてきます。宿のサイトをひとつひとつ確認していくのが面倒な場合は、ゼミ合宿を取り扱う旅行会社に相談するのもいいでしょう。「ゼミ合宿 プラン」などのキーワードで検索すると、ゼミ合宿用のお得な特別プランを提供している旅行会社や宿を見つけることができます。最近の旅行会社や宿では、いろいろお得なプランを用意しているので、賢く活用しましょう。

会議室にホワイトボードの用意をしたり、インターネットの高速回線を整備している旅館もたくさんあります。学生の合宿に特化した低予算のホテルや、ビジネスマンの研修を得意としている温泉地など、ネットで検索することで、いろいろな情報を得ることができます。有線LANや無線LANなどの環境が整った宿を探すなら、「開発合宿」をキーワードに検索してみるといいかもしれません。ちなみに、開発合宿とはIT系企業やプログラマーが開発に集中するのための合宿です。

また、ネットには載っていないサービスも、問い合わせをすることで可能な場合もあります。合宿や研修だけでなく、最終日にアトラクションや観光を加えるだけで有意義な合宿になります。

 

開発合宿で人気の宿なら、インターネットを使う情報系のゼミ合宿にも適しているでしょう。

ネットを使うゼミ合宿に 山喜旅館

http://www.zemiplan.com/onsen/soh55.html

 

ゼミ合宿などで、旅行会社を利用するときは旅行業の登録番号をチェック!ネット上でも、会社案内ページなどに書いてあるはず。トラブル防止の第一歩です。

観光庁「旅行の申し込みの際は、利用される旅行会社が旅行業の登録を受けていることの確認を忘れずに!」

http://www.mlit.go.jp/kankocho/1102_mutouroku.html

タグ

2013年8月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ゼミ合宿

自然の中でのゼミ合宿

自然の中でのゼミ合宿を

自然の中でのゼミ合宿を

私たちは研修や会議を毎日行って、仕事や研究の方針を常に変更している場合が多いですが、たいていはその話し合いの場所は毎回同じような場所であることが多いので飽きてしまい、張り合いがなくて良いアイデアが出ないことも多くあります。大学の研究などは特に研究室に缶詰めになって、研修も研究もおこなわなければいけないので、学生にはかなりの苦痛が待っています。

こうした悪条件は出来るだけ排除した方が良く、しっかりと状況・環境を変えてゼミ合宿などを行う事で多くの成果を上げることにつながります。
また、学生もメンタル面を整えてあげるとかなり良い成果を上げるもので、あまりにも厳しいしごきはせっかくの才能を潰してしまうので、教授は少し生徒のメンタル面まで考えて研究のサポートをしてあげると良いでしょう。

こうした機会には多くの可能性が含まれており、研究室のメンバー同士の交流も生まれ、准教授や支援員との交流も図れるのでより効率的に研究や仕事を行えるようになります。
これらの作業ではしっかりと効果を上げるために研修を進めていくのですが、より効果を発揮するには、気分を変えられるようなゼミ合宿がやはり最も効果的。いつもと違う環境、たとえばさわやかな自然に囲まれ、おいしい空気の中でゼミ合宿をすれば、良いアイデアが多く出てくることでしょう。

 

リゾートでのゼミ合宿ってあこがれる。値段も思っていたよりリーズナブルだし・・・。

軽井沢などのリゾートでゼミ合宿

http://www.zemiplan.com/resort/index.html

 

軽井沢は文豪も愛した地。文学部などは、研究調査旅行もかねて、研究対象ゆかりの地でゼミ合宿するのもいいですね。

軽井沢観光協会公式ホームページ

http://karuizawa-kankokyokai.jp/

タグ

2013年8月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ゼミ合宿

ゼミ合宿幹事の最大の仕事

ゼミ合宿の幹事は大変

ゼミ合宿の幹事はなかなか大変・・・

ゼミ合宿の幹事になってしまったら、何をすればいいでしょう?

まずは、いつごろゼミ合宿に行くかを決めましょう。
ゼミ合宿の時期は、夏休み後半の9月から11月ごろが多いようです。卒論準備のころあいというのもあるでしょう。また、春先はまだゼミメンバーが打ち解けておらず、夏の暑い時期や冬の寒い時期では勉強に集中できないという理由もあるかもしれません。そう考えると、やはり秋がゼミ合宿シーズンです。
月が決まったら、何泊するか、土日にするか・平日にするかを決め、ゼミメンバーがなるべく多く参加できる日をアンケートで確認するとよいでしょう。平日の方が、比較的宿の料金が安く、他のお客さんも少ないのでのびのび合宿できます。秋の平日だけのお得なゼミプランなどを用意している宿もあります。
希望日は1つだけでなく、第2、第3希望までまとめて決めておくと、もしもの時に便利です。

時期が決まったら、次は場所です。
おおむね大学から近い場所が人気ですが、群馬や長野などのさわやかな高原へ行ったり、千葉や神奈川の海辺に行ったり、伊豆や箱根の温泉地に行ったりと、快適な環境やリフレッシュを重視して選ぶ場合もあります。
希望の場所があっても、そこにゼミ合宿に適した宿がなければしようがありません。
ゼミ合宿に適した宿のチェックポイントは次の通り。
収容人数は足りているか?
ゼミ合宿が出来る会議室や広間があるか?
机や椅子、ホワイトボードやマイク、プロジェクターなどの必要な備品があるか?
値段は予算内か?
先生用の個室が取れるか?個室を取った場合の料金アップはあるか?
電車で行く場合、駅から近いか?駅と宿の間の送迎をやってくれるか?

おめがねにかなう宿が見つかったら、希望日に空きがあるか確認します。
部屋だけでなく、会議室が希望通りの時間で利用できるかのチェックも忘れずに。宿泊費用と別に会議室の利用料金がかかる宿がありますから、その辺の確認もきちんとしましょう。

ここに書いたのは、ほんの基本のことだけです。実際には、先生やゼミメンバーから様々な要望が出され、確認事項もあれこれ増えます。さらに、希望の宿が空いてなかったら、またいちから宿を探さないといけません。
準備に時間をかけていられない場合は、ゼミ合宿を取り扱っている旅行会社に手配してもらうのも手です。希望を伝えれば、条件に合った空いている宿を見つけてくれます。
旅行会社に頼むにせよ、どのような合宿がしたいかを幹事さんがしっかり把握しておく事が必要です。メンバーの希望をまとめ、希望のゼミ合宿像をまとめることが、幹事さんの最大の仕事と言えるでしょう。

 

ゼミ合宿の手配をする旅行会社のサイトの利用案内ページ。日程・場所・人数・予算は必須情報。

ゼミ合宿プラン!利用案内

http://www.zemiplan.com/info.html

 

海と高原と温泉が揃っている伊豆・伊東方面はゼミ合宿にも人気です。

伊東観光協会 伊豆・伊東観光ガイド

http://www.itospa.com/index.html

タグ

2013年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ゼミ合宿

「行きたくなるゼミ合宿」は準備が要!

ゼミ合宿イメージ画像

勉強ばかりやるゼミ合宿の方がラク、という場合も・・・

理系大学では特に研究論文というのが厳しく、卒業する前の困難として有名になっています。通常の教育学部や法学部では教授のしごきはそれほど厳しくはないですが、理系の大学の会議や研修は、学生には不眠不休の状況も少しあり、かなり苦しい試練を乗り越えることになります。
特にゼミという活動は学生の私生活を縛るものでもあり、あまり学生に魅力的なものではない場合が多いです。

しかし、ものによってはとても良いゼミもあり、研究室の仲間同士で、親交会を兼ねてゼミ合宿を行っていることも多いです。
こうしたゼミ合宿は仲の良い研究員同士であれば良いですが、日頃あまり話をしないような者同士での合宿ともなると余計にストレスを与えあう事にもなり、あまり効果がない場合が多いです。
親睦を深めることを合宿の大きなテーマにすると、かえってぎくしゃくするかもしれません。コミュニケーションが苦手な学生は欠席したがるかもしれません。しっかり研修や会議目的で合宿を行うほうが、ゼミのメンバーはより安心して合宿を行う事ができるのではないでしょうか。

ゼミ合宿の開催には、少し準備が必要になります。ゼミ合宿で何をするか、どんな成果を上げなければならないのか、きっちり目標を決めることは必須です。
その上で、特に日頃厳しい研究を重ねているゼミの場合には、できるだけリフレッシュできるような環境を準備する必要があります。しっかりと場所も日数も選んでゼミ会議・研修を行う必要が出てきます。温泉地や、さわやかな高原の宿などでゼミ合宿をするのもいいでしょう。日中はしっかり勉学に励み、夜はバーベキューや持込みコンパなどで息抜きをする、といったメリハリあるスケジュールにするのも、ゼミ合宿の人気スタイルです。

ゼミ合宿は研究室・ゼミの性質に応じて開催の仕方を工夫する事で、より多くの研究成果を期待できます。長い時間を共にすることで、ゼミメンバーのメンタル面のチェックも可能になります。

なんにせよ、参加しやすい、参加したくなるゼミ合宿を準備すること。それが要ですね。

 

ゼミ合宿の息抜きなら、普通の食事よりバーベキューが効果的です。「同じ釜の飯」感が一層高まる!

BBQ(バーベキュー)ができる宿でのゼミ合宿手配

http://www.zemiplan.com/bbq/index.html

 

合宿のコンパで宴会芸とかさせられるのが嫌!という人は、思い切って伝統芸を仕込んでいくというのはどうだろう。伝統芸なら、もはやすべるすべらないは関係ないよね。

日本南京玉すだれ協会

http://tamasudare.org/

タグ

2013年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ゼミ合宿

ゼミ合宿の効用

ゼミ発表

研究発表などはリフレッシュを兼ねてゼミ合宿で

大学の研究室では毎週ゼミと呼ばれる研究成果を発表するような会議を行います。こういった会議では長い時間、発表に係るのもあり、かなり疲労が貯まり、且つ緊張も強くなりがちです。中には、研究成果を発表する場が苦痛に感じてしまう学生も少なからずいます。

できるだけストレスフリーに研究発表ができるようにするには、教授と学生、学生同士の交流が日頃から必要になりますが、ゼミ合宿を行えば、より交流を深めることができて良いでしょう。

普段研究室にこもってストレスの多い環境の中で生活していると、なかなか気分転換ができないので、特別な発表や研修のような事を行う時には、思い切って合宿を行ってしまうのも良いでしょう。研究する者同士でしっかりと交流を行い、より気分の良い環境で働くことができれば多くの研究成果もあげることができるでしょう。

そして、より効果的な研究結果で卒業論文を書いたり、研究結果を導き出すためには、合宿の効果もかなり期待できるものです。

ゼミ合宿は休日だけではなく、平日に行う事も可能です。特に平日に行うのは効果が大きく、普段いる場所から離れて気分転換をしながら研修を行うのが良いでしょう。それに、平日ならば合宿する宿の宿泊料も比較的安く済みます。

会議や研修に行き詰っていると感じたら、ゼミ合宿を行ってみるのも効果があるのではないでしょうか。

 

箱根や熱海や伊豆など、ゆっくり疲れを癒せる温泉宿でのゼミ合宿が人気です。

箱根や伊豆など温泉付きのゼミ合宿手配

http://www.zemiplan.com/onsen/index.html

 

先生や先輩との話題に、温泉の知識とか正しい入り方とかを予習しておいてもいいね。

長野県温泉協会「湯治ノススメ」

http://w1.avis.ne.jp/~spa-nan/

タグ

2013年7月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ゼミ合宿

このページの先頭へ